フリースタイルday

役立つことから何気ないことまで綴るブログです。

~憂鬱な気分~からの救済

 

今回は憂鬱な気分から皆さんをお救いします。

今年も残すところ後3か月弱。

残り僅かな2017年を憂鬱な気分無しで過ごせればどんなに良いことか。

そんな贅沢?な悩みを解決してくれる知恵を私が分かりやすく紹介しますよ。

 

 

 

憂鬱からの解放①】〈

 

憂鬱な気分になりやすい朝。

一日の中で一番エネルギーがある朝に、憂鬱な気分に浸っていてはもったいない。

そもそも朝になりやすいのは、前日の疲れが抜けていなかったり、

睡眠不足だったりすることが多いからなんです。

 

仕事柄仕方ないことでも、

疲れや睡眠が取れてないと感じたら、

1時間だけでも仮眠したり、マッサージを受けたりすれば、気分スッキリ爽快です。

 

女性専用・完全個室・整体サロン『銀座スッキリ整体サロン』

 

 

憂鬱からの解放②】〈

 

率直に言って昼に憂鬱になる人は、

鬱病がすぐそこまで迫っていることを自覚しましょう。

昼は大抵誰かしらと一緒に行動しますよね。

嫌な人でも仲いい人でも、

誰かと一緒にいれば、自分という存在に意識を向けることはまずありません。

憂鬱になる最大の原因は一人になることです。

 

一人になって考えるのも時には必要ですが、

憂鬱から解放されるには自分に意識を向けてはいけませんよ。

(私自身もよく内省するのですが、必ずネガティブ思考になります。)

 

 

憂鬱からの解放③】〈

 

休み終わりの夜ほど憂鬱な気分を引き起こす日はありません。

大抵の人は日曜が休みだと思いますが、

何曜日でも対して変わりません。

日曜日だけはサザエさん症候群らしきものが起きるそうですが……(笑))

 

ここでも肝心なのは、自分に意識を向けないこと。

 

わざと夜に買い物に出かけて、帰ったらすぐお風呂に入り、寝る。

極端ですが自分に意識が向きにくい状況を作り出すのは難しいです。

(ふとした瞬間に自分を意識することってありますよね。)

 

 

どうでしたか? 

 

 かなりあっさりした内容だと自分でも思いますが、

自分という存在を意識せず生活するのは無理です。

 

どんなに逃れようとしてもしつこく迫ってくる憂鬱、

しっかり睡眠を取るなど、日常生活の改善が肝かもしれませんね。

 

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

昨日は遅れると言っておきながら投稿できず、本当に申し訳ありません。

出来る限り、毎日投稿を目指すのでこれからもぜひ見てやってください。

 

リラクゼーションをお得に体験!ご予約はEPARKで!

 

 

↓参考にしたサイトです↓

  Men’s Beauty メンズビューティー|(ビジネスマナー)仕事前に襲う

「朝起きた時の憂鬱」を乗り切る5つのコツ

 

【荒れるタイムライン】『夜』の憂鬱が『昼』の憂鬱に変わる時

 

「会社、行きたくない...」 日曜 夜の憂鬱を吹き飛ばす方法 - NAVER まとめ