フリースタイルday

役立つことから何気ないことまで綴るブログです。

制限からの解放!

はぁ~今日も疲れた。風呂入って晩飯食べながら、YouTubeでも見るか。

 

これが、会社から帰宅後の私のルーティンです。( ´∀` )

YouTubeって、何でもありの映像遊園地ともいえる一大テーマパークですよね。

私は、ディズニーランド<YouTube?って堂々と宣言出来るぐらい、

YouTubeが好きです。(関係ないか(笑))

 

最近では、YouTubeで生計を立てている、

YouTuberと呼ばれる方々の活躍が凄まじく、

子供たちの将来の夢ビッグ3にまで躍り出てくるほどになりました。

 

YouTubeの数ある動画の中でも私がよく見るのは、

ゲームの実況動画や商品紹介です。

 

ゲームの実況動画は、面白いのはもちろん、

実際に自分も同じゲームをやっていて、

行き詰まったときに、突破口にもなります。

 

一方で商品紹介の動画は、

楽しく見られる上に、その商品を実際に購入して、

自分も体験してみることができるので、

新たな趣味や好きな食べ物探しにはホント助かってます。(人''▽`)

 

っていう個人的な話は置いといて、

今回の本題は、「YouTube=通信容量モンスター」です。

 

いや~ほんっと尋常じゃない通信容量の消費です。

最初にお話しした通り、私はYouTubeを人一倍見ているので、

だいたい月の半ば頃で通信制限になってしまっています。

通信制限にかかると、動画はほぼ見れなくなりますし、

サイトを開くのも遅くなり、イライラで頭がはち切れそうです。

 

 

 そこで、どうにか通信容量の消費を、

少しでも抑える方法はないかと自己流で調べたところ、

どうやらyoutubeのアプリから視聴するのが、

一番消費率が高いということでした。

ここで自分なりに検証を行ってみました。

#この検証は、あくまで私個人によるものであり、

決して確実性のあるものではありませんのでご了承下さい。

視聴方法(iPhone6plus使用)

  1. YouTubeアプリから直接視聴(最低画質360p)
  2. ブラウザから検索して視聴(Safari)
  3. 消費を抑えるブラウザアプリから検索して視聴(Opera Mini)

(すべて約5分の動画で検証します)YouTube

 

視聴方法別「消費通信容量(順位)」【YouTube

  1. YouTubeアプリから直接視聴(約70MB)
  2. ブラウザsafariから検索して視聴(約30MB)
  3. 消費を抑えるブラウザアプリOpera Miniから視聴(約25MB)

結果

やっぱりYouTubeアプリの消費凄すぎる❕

消費を抑えるアプリからの視聴が一番消費しない❗️

 

 ただし、普通のブラウザと比べてもそこまでの差は無いので、

少しでも動画を楽しみたいって方は、通信容量を節約するアプリを、

使用してはいかがでしょうか。

(そもそも自宅にWi-Fiある方は関係ないか…....Wi-Fi欲しい。。。)

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

次回はどんなこと書こうかな? 

お楽しみに!