フリースタイルday

役立つことから何気ないことまで綴るブログです。

パソコンと目の関係

なたは、

パソコンと1日どれくらい向き合っていますか?

 

種によってばらつきがあるかもしれませんが、

特にオフィスワーク中心に活動している人は、

パソコンと切っても切り離せない関係になっている

と思います。

 

 

回は、

パソコン>目の関係によって引き起こる悪影響、

目>パソコンの関係に改善する方法をご紹介してい

きます。

          根本的な原因から見直したい方は↓

                         

                          

 

 

 ①パソコン→目への悪影響

 

目の疲れが自分の印象⤵️に

 

間は、

外部の情報のほとんどを目によって得ており、

目を開いている状態でもさらによく見ようと目を働

かせています。

 

えて毎日長時間パソコンと向き合っているため、

オフィスワーカーは目が常に疲労状態になっている

のです。

 

の状況を周りの人にどう映っているか知っていま

すか?

 

周りの人から見た自分→『ご機嫌斜め』に映る

 

は顔の表情を作る上でかなり重要な存在です。

その目が疲労状態になるということは、

必然的に周りに悪い印象を残してしまいます。

 

えば、

得意先との重要な取引では「やる気なし」に見え、

部下にはいつも機嫌が悪くて近寄り難い上司に見え

てしまうことでしょう。

 

 

②目>パソコンの関係へ改善する方法

 

3つの疲労要因のバランスを保つ

 

 

には3つの疲労要因があります。

 

①目そのものの異常

(近視、乱視、ドライアイなど)

②悪環境による影響

(長時間パソコンの使用、暗所でスマホなど)

③心身の疲労

(職場でのストレス、睡眠不足など)

 

れらの要因を目はある程度耐えられますが、

限度を超えるとなかなか回復しない状態になってし

まうので 、こまめなケアが必要です。

 

善方法としては、

①→近視、乱視用のメガネの着用

②→瞬きを意識的にしたり、蒸したタオルで目を温

める

③→自分なりのストレス発散口を見つけ、寝る30分

前にはスマホを見ない(②にも使えます)

 

記のやり方はあくまで一般的なやり方なので、

自分にしかないやり方を見つけるのもいいでしょ

う。大切なのは3つのバランスを保つことです。

 

        根本的な原因から見直したい方は↓